忍者ブログ
ADMINWRITE
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『しおんの王(6)』

正直、将棋の内容よりも久谷くんと沙織さんの関係の方が気になったり。この話の軸になる事件やら登場人物の過去やらがだんだんと明かされてきて、やっと話がつながってきた感があるので、これからもっと面白くなりそう。とくに今回のラストがとても気になる終り方だったので、はやく次が見たい。
PR


『小さな世界 小路啓之短編集1』

この人の作品をひとつも読んだことがないというか、正直名前すら知らなかったんだけど、本屋でこの本を見たとき一目ぼれ、衝動買い。内容も何も知らんけど絶対はずれじゃないという確信が沸いた。ページをめくるとやっぱりマチガイなかった。未来のようで過去のようで現在のような世界のちょっと変な人たちのどこか懐かしさを感じる物語。その物語のドコが良かったとかは語彙力の少ないボクには上手く表現できませんが、とにかく一つ一つの作品がもつ世界観と出てくる人物が魅力的。どの話も程よくぶっ飛んだ設定でボクの許斐から外れてないけど、特にすきなのは、世界中が人が近くにいるだけでイライラして殺したくなるっていう設定の「7.5Hz」。とりあえずヴァイオレンス。4ページ目でママがパパを刺し殺してるし。暴力的なんだけどコミカルなところがいい。あと「イレイサー・ヘッド」や「運命の人」は普通にいい話。ただ「小さな世界」は、登場人物と自分が変に重なるのでちょっと怖い。いやもうこの作品にあえてよかったよ。


『星界の戦旗Ⅱ 守るべきもの』

紋章と戦旗Ⅰの漫画版は結構おいてあるのだけれど、この作品はなかなか地元ではお目にかかれなかったとのを遂に発見。紋章と戦旗Ⅰの漫画版を描いている人の絵柄はどうも受け入れられず、立ち読みで済ましてたけど、この話は一番好きだし、絵も受け入れられたので購入。特に文句ない出来。満足。最初から話のよさは知ってるし、それから落胆させるようなこともない。絵柄もいいしね。デフォルメされたキャラとか。まあジントはパッと絵だけ見せられたら、誰さ? って感じに精悍にかかれてますけど。個人的に美化はOKなのでモーマンタイ。それとソバーシュは男として書かれているのか、女として書かれているのか? もとから中性的で、そのせいでアニメだと女性に描かれてたりするけど、コレはどうなのだろうか? 女なのかなと思ったりもするけど。それとアーヴの微笑の描写がとても素晴らしかった。あの笑ってるのだけど笑ってない感じがいい、こっちまで背中がぞくぞくする。ホント期待通りでよかったのだけど、しいて言うならジントを発見したあとのラフィールとジントの会話の時にもうちょっとラフィールが近寄ってても良かった。


『21世紀少年 下』

カツマタ君? 誰さ? って頭上にクエスチョンマークを並べる人が多数でしょう。8年も続けてきた連載のラストがコレ? っていうのが、スピリッツで読んだ時の感想だったけど、まとめてゆっくりと理解しながら読むとコレはコレで良いのかなって、いやむしろコレでよかったのだとも思える。カツマタ君を読み返して見つけたりして。カツマタ君もともだちっちゃともだちだったのかな。色々と思うところがあるけども、8年間も謎に次ぐ謎で、読者の頭を悩ませ驚きを与えてくれた作品に作者に感謝したい。とにかく面白かったよと。ありがとう。ただ一つ、最後の最後の1ページがボクには何を表しているのかがわかりません。ボクの頭が足りないだけでしょうか?


『よつばと!(7)』

ヤンダが遂に本領発揮か、面白すぎ。よつばとの絡みがマジオモロイ。「ガー」とかヤバイ。牧場の話とか笑いっぱなし。いいキャラすぎるわ、ヤンダ。そして新キャラしまうーも凄い。物凄く平凡な顔してるのに、シェフの帽子の高さで35センチとか20センチだとかでブッ飛ばしてくれるし、いきなり踊りだしてうたいだすし、最高。夏休みが終って三姉妹との話が減るかなって、それはどうかなって思ってたけど、全く杞憂に終ったね。オモロイ。マダマダマダマダマダ。


『エマ(9)』

エマってターシャより年下なんだぁ……って衝撃。てかその年齢のところでしか、エマでてこんかったね今巻。それにしても表紙も飾ったドロテアとヴィルヘルムの話は、恥ずかしくて読めない。二度も読めない。アレはきつい。それにしてもメイドがこの度、ゆうほど出ませんでしたね。ポリーとアルマが出るけど、休日だし、アメリアぐらいですかね、メイドメイドしてるのは。まあそのアメリアがいい仕事してるのだけれど。そしてそのアメリアが出る、三人の歌手が一番好き。この登場人物たちは番外にもほどがあるっていうぐらい、本編に出てこないけど、エマと題するに引けるのではないかいって思うほど、もはやただの読みきりだけど好き。普通に青春してて好き。さあ次でラスト、まあ半年後だけども、どう締めくくるのか気になるねえ。


『黒博物館 スプリンガルド』

改めて黒髪の素晴らしさを知った。そして、コレを読んだら誰もが黒髪に惚れ直すはず。と、そんなことを個人的に感じてみたのだけど決してメインはそこじゃない。それにしてもやっぱ藤田和日郎はいいね。考えさせらることばかりだ。エンターテイメントで熱くて泣けて、まるで道徳の教科書のよう。今回も短いながら、登場人物の心の闇や成長やを描かれた傑作。ウォルターが哀しい男なのだが、カッコイイ。この人の描く主人公は、大抵かっこいいけど、例に漏れずカッコイイ。ラストの戦いは、ひねくれモノのボクが思わず何も考えず応援してしまうほど。ここまで死なないでくれと思ったのは最近読んだものにはない。感動。そして外伝では、とても大人になったウォルターが姪の為に大暴れする様なんか惚れるね。面構えはおもいっきし悪役なのに、このカッコよさ。正直、本編よりそんな外伝のほうが好きだったりする。子どもたちは一生懸命で可愛いし。手じゃなく袖を握るとこなんてぐっと来るし。もうマチガイナイな。それに女性キャラはマーガレットもキュイーターさんもとても魅力的で、素晴らしかったです。やっぱ藤田和日郎はいいね。


『ファイト一発!充電ちゃん!!(3)』

ほんとにアレスタ祭りですね。ボクは好きだから良いけどさ。メガネだし。ぷらぐ主人公の形無しってばりの活躍。ヤバイね。いきなりデレたとことかね。読んでるこっちもビックリさ、その変貌っぷりに。そしてドMっぷりに。うん、まあこれだけ台頭してきても最終的には駄目なんだろうケド、頑張れ。そしてエロさも巻を重ねるごとにヤバイね。やりすぎとちゃうか、これ。特に番外編とか、カラーピンナップとか。アレスタとか。アレスタ好きには堪らんし、新たなファンも獲得したんとちゃうん今巻。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]