忍者ブログ
ADMINWRITE
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『ヒャッコ(3)』

もう、いつアユミはタツキの事をお姉さまと呼び。アユミの愛称がアユからユミに替わるかが気になって仕方がない。今巻はコメディながらもシリアスな話が入ってきて、しかもその流れがとても違和感無く自然だったので一層この人のスキルの高さに感服させられました。つまりは、その髪型もお姉ちゃんを真似てなのだなと。しかしココに来て幼女を、ちよちゃんのようだが微妙にスペックが足りない幼女を、しかもボクっ娘を出してくるとは、もう磐石ですね。隙が無い。そして、アニメ化のようです。もう凄いね。
PR


『ひとひら(5)』

表紙にはやられたね。レジにもって行きにくいね。コミックハイでは最後に載った話は立ち読みしてたんだけど、すごいね。きょーちゃん来たね。甲斐君はやばいね。早いうちに「麦」と呼び捨てにしないと、ホントに危ないよね。しかし、続きが気になりすぎる終わり方で、次が気になって仕方がないが、この人たまに休んだりするのでのんびり待つしかないのね。にしても、やっぱりこの人の漫画好きだわ。つーか、自分はこの人の漫画を読むために生まれてきたのではないかと思ったり。うん、マチガイナイ。


『劇場版 空の境界 コミックアンソロジー 第一章 俯瞰風景編』

遂に出た空の境界の漫画。待ちに待っていたわけですがアンソロジーという、アタリの数だけハズレもある(むしろハズレの方が多かったりする)、なんともギャンブル性の高いもので、結構心配してたのですが杞憂に終ったようで、中々の出来に大満足。これなら次からも買い続けても大丈夫。原作がアレなだけに、コメディな話がイメージに合わなかったりするけど、そのあたりも意外と平気に読める。それにしても巫条霧絵がこの第一章の要なのに、あまりネタにされていなくて可哀相。ハーゲンダッツストロベリーの方が多かった。てか、俯瞰風景関係ないのもちょっとあったし。裏表紙のラインナップを見た限りでは二階堂ぽちしか知らなかったけど、巻頭のピンナップと一番最初に載っていた麻璃音って人が個人的に一番のツボ。これがあっただけで買ってよかったと思えた。サイズもB6判でお値段もお手ごろだし、ナイスな企画。


『ネムルバカ』

闘争であり、逃走なのか。逃走して、闘争するのか。闘争して、逃走するのか。ボクは、何かしたいけど何が出来るかわからない8割なのだ。


『それでも町は廻ってる(4)』

この巻のテーマは日常だそうで。まさに日常な様で。これが日常だとすれば、それはとても楽しそうで。時折とてつもない喪失感に苛まれそうで。


『神様ドォルズ(2)』

最近この人の漫画にはまる。この人の書く長髪の女性が好き。この人の時折目の下に入るクマがとても病んだ感じで好き。キレイな絵なのに血飛沫が飛んだりと結構ハードな内容が好き。もっと病んで欲しい。もっともっと病んで欲しい。この巻まではまだ序章っぽく次の過去編から色々な展開があるのだろうケド、病んだ内容でありますように。


『みなみけ(5)』

なんか予想以上に早い刊行だったので、発売予定のカレンダーをみて一瞬目を疑った。ていうか本当に出るまで疑ってた。実際出た。でも、出たとしてもこのペースだから薄っぺらい本になるのかなと思ったら今までと同じ厚さだった。驚き。これがアニメ化効果ですか。まあ、読んでみたら本当に2,3週前に雑誌に載ったのまで収録してあって、そこにも驚きましたが。中身は相変わらずですね。この人の言語センスがたまらなく羨ましく、日常でもこんな会話をしてみたいのですが、普通に考えてこんなシチュエーションありませんものね。妹が頭突きとかせんし。それにしても、以前よりもまして藤岡の登場回数が増えているような、ていうかコイツ部活はないのか、それとも、部活が無い日は決まって南家にお邪魔しているのか。この子は、何か気が付いたらカナと一緒になってたみたいで落ち着けると思う。我慢だ、藤岡(何様か)。それと、ナツキは着々とハルカとの距離を縮めているようで、そのうち学校帰りに一緒に買い物をしだしたりしてくれても、こっちは一向に構いません。むしろみたい。世のハルカファンはなんて言うか知らないけど、見たい。うん、今回が予想外の刊行だったため、次はいつ出るのか計算しにくくなった。まあ、20数話溜まったら出るのだろうケド、一体次はいつになるのか。


『パンプキン・シザーズ(9)』

アリス少尉がカッコよすぎてどうしようもなかった。特に「助かる助からないの~」のくだりは、後世に残る名言でもあり、そのカッコよさは眩しすぎた。それにしても、この巻はひとつの物語の佳境でもあり、全篇にわたって名言やパンチラインの宝庫。いや、この漫画は最初から教えられることが多い、個人的には「うしおととら」ばりの熱さと名言があるいい作品だと思う。なんか、色々といい所が多すぎるし、話のオチの付け方も秀逸すぎて、物凄く完成度の高い漫画だなと思いました。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]