忍者ブログ
ADMINWRITE
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『探偵綺譚 石黒正数短編集』

この人の作品は、とても面白くて好きなのだけど、語彙力の少ないボクは、ドコが面白いのか上手く表現できなかった。そんななか、今回帯に書いてあった押井守の言葉はとても腑に落ちた。そういうことか、つまりただただ何の生産性もない日常を書いてるだけなのかと。そんなところがいいんだなと。前の少年画報社から出た短編集は、どこかSFチックだったけど、今回はSFあり、歴史物あり、スロットあり、ホラーあり、日常あり、ミステリありとバラエティ豊か。そんな中、気に入ったのはホラーな話の「修学旅行」。後書きで解釈に困るといわれたとか書いてあるけど、そこまで難解じゃないと思うし、設定とか凝ってていい。ラストとか素で怖いし。それにしてもこの人、不細工はとことん不細工。てか人じゃない。
PR


『PLUTO(5)』

本当に無事描ききれるのかっていうぐらい深い謎にテーマ。そんな先のことの心配はほっといて、やっぱこの人は漫画描くの上手いなあとしみじみ思う。絶妙なストーリー展開もそうだけど、絵でみせるところも上手い。特に崖からヘラクレスが出てくるところなんか最高。20世紀少年も終ったことですし、今度はこの作品がどんな展開になるのか楽しみです。それとあとがきがとても興味深いことか描かれてるんでそっちもとても楽しめました。


『君に届け(5)』

いや僕も風早くんみたいになりたい。ならせて? 無理? 無理。なら風早が憎い。でも憎めない。この爽やか王子がッ! とか私怨はほっといて、いい友達を得てライバルを得て恋を知った爽子がだんだんと成長していく姿を見ていくと、勝手に感情移入親心、よかったねといいたい。って全然最終回とかじゃないんだけどね。もう辛いことも哀しいことも最終的には爽やな風が吹き抜けるマジック。次の巻にかかる千鶴の話なんかも、フライングで本誌の方を覗いちゃったりしたけど、きっと凄いんだろうさ。ほんと近いうちに大々的にコレがくる日が来ると思うんだ。そして流行好きな馬鹿どもは2巻を読んで泣けば良いさ。そしてボクは、今更と鼻で笑うのさ。


『てるてる天神通り(1)』

児玉樹のオリジナル作品。エースを買わんくなったからこの日が来るのをどれだけ待ちわびたことか。「Cancas2」では原作付きだったので、真の児玉樹がどんな物かと心配してましたが無問題ですね。個人的には少しテンション高すぎでごちゃごちゃしている気がせんでないけど、まあ微々たるもんですね。コミカルな所の中で随所に話の根本的なところをみせるシリアスさとか。始まったばかりなのでこれからもっと面白くなることを期待。個人的には頼子姉の活躍に期待。それにしても浩樹に引き続いて主人公の目つきはきついですね。それに御菓子が一瞬エリスに見えりするですが気のせいか、気のせいだ。


『まりあ†ほりっく(2)』

「デレはない」ってあの添い寝もデレでないと申すのですか? そんな茉莉花さんが表紙。前巻同様、表、背、裏と微妙に変わる表情もナイス。カバー裏の宣言が始まりの合図。ドS 性倒錯者と毒舌メイドとプラナリアだったり汚物だったりカメムシだったりするドヘンタイの小細工だらけの女子高ライフは、大部分が流血及び吐血で、呆然とするかはたまた「oh,yeah!」と気勢を上げるか「しょーもねえ」と切り捨てるかは自由だ、freedom。相も変わらずというか数段バカバカしく、さらにカオスになった漫画。なんかノリで所々韻踏んじゃったりなんかしてるけど、結局いえることなんて見た目に騙されるなよぐらいで、辛いで。最近の漫画ではズバ抜けてILLなのはマチガイナイ。


『ヒャッコ(2)』

いやあもうコレが学園コメディーの新定番になるかどうかは、どうでも良いとして、歩巳が可愛らしすぎてヤバイ。続々と登場してくる奇人変人やら、本編1ページ目から立て続けというか終始笑わせてくれるギャグセンスにシリアスに読めせる面もあり、作者はかなりハイスキルなのですが、そんなことより歩巳が可愛らしすぎてヤバイ。いやマジでヤバイ。そりゃ虎子が主人公だし、出てこない話とかもあるけど、歩巳の存在はヤバイ。とりあえず、歩巳がやばいとしか。奇人変人ズがいくら存在感大で、ひっちゃかめっちゃかやっていたとしても、歩巳がヤバイ。だたそれだけ。


『エンジェル・ハート(24)』

面白いことは確かなんだけど、やっぱここまでくるとマンネリも極まれりでそう興味を持てないシリーズだと、とんと読む気がおきなかったり。という訳で今巻は殆んどガッツリ読んでなかったり。まあ最後に1話だけ食い込んだ海坊主の話は、とても面白そうだったので、ソレだけが救い。


『WORKING!!(4)』

前巻に引き続き伊波さんが物凄いことになってるのですが、よくよく見てみると山田もかなりいいキャラをしていると思うのですが、どうでしょうか。それと佐藤さんがいい人過ぎて泣ける。だんだんと轟さんが気付きかけてるので、これからもめけずに頑張って欲しいですね。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]