忍者ブログ
ADMINWRITE
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『BEST THE BACK HORN』

このアルバムを聴く限り、ボクは結構前からTHE BACK HORN自体は聴いたことがあるみたいだったけど、ちゃんとTHE BACK HORNってグループを認識したのは、「夢の花」からだった。そして完全にロックされたのはコバルトブルーからなのだが、そのときの衝撃は凄まじかった。破壊的なサウンドに退廃的な歌詞、ぶっきらぼうというか不器用そうだけど、とにかく歌にして伝えようとする魂の叫びのようなボーカルにやられました。特に歌詞の部分は、とても深くそれでいて日本語としてとても美しく感動した。生と死や希望と絶望を、人とは何かを考えさせられる。どの曲もいい歌詞なのだけど、特に「美しい名前」の歌詞は秀逸。シングル全曲収録されているが、時系列準ではなく、新旧入り混じっているが、どの曲の雰囲気も違和感がなく、10年間この人たちの軸がぶれなかったことが感じられる。全25曲のうち、お気に入りの曲はCD2枚のどちらにも偏らず、毎回どちらをかけるか悩んでしまう。映画の主題歌になっている曲は、ZOOと男塾以外は詳しくは知らない映画だけど、知っている限りでも作品の雰囲気に一致していていい。特に男塾の主題歌は、ハマリすぎ。すぐわかるし、映画の方の評判は知らないけど、最後にコレが流れるだけど帳消しになるんじゃないかな。あまりにも激しすぎるサウンドの曲が多いため、結構とっつきにくいのかもしれないけど(事実結構前だが友達に進めたときに重いといわれた)、そういう時は歌詞に耳を傾けて欲しい。何処かひとつは耳に残る所があるはず。買ってからというものヘビロテでボクのスピーカーをロックしまくり、ヘッドバンギングしまくりで凄いことに。お気に入りの曲が多すぎて、というかほとんどな訳で書ききれない。初めて聴く人にはもちろんうってつけだし、全部のアルバムを持っていても、リリース順ではなくバラバラに収録されているわけで、ただのシングル集で終らず、こういうアルバムとしても楽しめるはず。
PR


『oblivious』

空の境界の主題歌。もちろん豪華初回版。箱入りでステッカーとポストカード入り。たまりません。曲のほうも文句ありません。映画の方は見てないけど、作品のイメージにぴったりです。3曲とも。映画の出来も良いみたいですし、曲もバッチシだし、原作自体いわずもがなだし、最強じゃないですか。なんか思った以上に出来が良く過ぎて怖いです。再生した瞬間、衝撃が走った。何処か一部が秀でてるとかじゃなくて、音も歌詞も歌声も、最高。このクオリティで最後まで行くなら神。はやくDVDでんかな。
久しぶりにドカベンを読んだ。
やっぱり面白い。
個人的には、最初の春の決勝の土佐丸戦が好き。
それにボクの持ってるのは文庫版なので最後に載っている解説を読むのが好き。
超有名なプロ野球選手の解説を読んでると、
本当にこのマンガは偉大だなと思う。
とりあえず弁慶高校戦の前まで読んだ。

ARIAが最終回間際での驚きの展開に樹海に向かう人もいるとかいないとか。
でも、ボクは悪くないと思うけどなぁ。
むしろあれじゃね、灯里がプリマ昇格したからアリシアさんの寿退社と考えれば、
灯里と一緒に居たいからプリマに昇格させずにいたわけで、
アリシアさんの中での優先事項は結婚より灯里だったわけだ。
旦那さん、ざまあねえな。
ひねくれているボクとしては、
あそこでヤンデレな顔をみせた灯里がそのまま暴走しちゃっても良かったけど、
そしたらこのマンガが今までやってきたことが全否定されるしね。
まあさすがに最終回は雑誌で見ずに、単行本を待とうと思うから3月が楽しみですね。
「狼と香辛料」を読んだけど、
結局深夜見たのはどの場面かわからなかった。
まあうつらうつらしながら製図やってたし仕方ない。
おもしろかった。

あれ、金がないぞ。

減らす。

見たことあるぞ。


『聖☆おにいさん(1)』

タイトルを見た瞬間「聖☆おじさん」を思い出し、そういや「聖☆高校生」ってマンガもあったなとか、色々と記憶がフラッシュバックした末、衝動買い。しかし大正解。おおいに笑わせて貰いました。熱心なキリスト教徒や仏教徒が見たらどんな思うのか気になりますが、無宗教のボクとしてはすべてをギャグで済ませられて面白い。異常なほどに宗教に関心のない日本だから許されるような作品。ブッダとキリストが織り成すなんともいえない温い下界生活。手塚治虫信者で真面目なブッダに一日一万HITブロガーのキリスト。特に遊園地の回で、ジェットコースターで悟りをひらいたブッダに爆笑。「あんな穏やかなハンズアップみたことねえよ」はパンチライン。他にもブッダやキリストにまつわる話をすべてギャグに昇華されていて最高。泳ぐのが嫌だから湖面を歩いたキリストとか。次が出るのは、大分先のようだけど、これからのブッダとキリストの同居生活には大いに期待。
何故に。

「ニワトリはいつもハダシ」を買ってみようかなと思う。
いつ読めるかわからんけどね。

もうちょっと早いうちに出会ってれば、
少し変わっていたかな。

たまたま製図の課題をしているときにみた「狼と香辛料」の原作が中古であったので、
買ってみた。
まだ半分も読んでないけど、なかなか面白い。

最近漫画買いすぎかなと思うけど、やめられない。


『傷』

続々と映像化される乙一の作品を清原紘が漫画化してるけど、いいよねこの人。絵柄もとてもいいし、原作を壊さない程度のオリジナル要素は、原作を知っているこちら側としては、また新鮮な感じでいい。今作もラストが素晴らしかった。てか素晴らしすぎてビックリした。映像化されるからなだけだろうケド、ココまできたら、スニーカーから出た短編全部漫画化すれば良いのに。特に「華」を。ボク大好きなんだあれ。あとは「マリアの指」とか。いやまあそれ以前に「鈴木姉妹」を出して欲しいのだけどね。


『神様家族Z』

ホントに出たんだ。本屋に行ったら何か見覚えのあるのが摘んでてビックリ。驚かすなよ。そんな神様家族だけど、いやはやなんかもうわけわからんね。でもまあそんなもんかって思ってみれば、普通に面白いんだけどね。相変わらずしんみりとしたとこと分けわからずハイテンションなとこのバランス力はさすが。で、結局コレはまだ続くのか、それとも一回こっきりなのか、いや続くのだろうケド、なんかすげえね。なんがなんかわからんけど、すげえね。それにしても、表紙のテンコはなんか爬虫類っぽい。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]