忍者ブログ
ADMINWRITE
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『しおんの王(7)』

悟さんが紫音に負けたとたん、今までの悪役っぷりが嘘のように薄れ、なんだかいい人に見えてきた。紫音に負けて自分の弱さに気付いたからだろうか。そして今度は一気に名人が悪役に。いや、そもそもこの人は最初からとても怪しげだったんだけど、実際に犯人として名前が挙がると、作者も意識してなのか知らないが、とても怪しい。うん、将棋ものとしてもミステリとしても盛り上がってきましたよ。それにしてもちょっと残念なのは沙織さんと久谷くんの絡みがちょっと少なかったこと、彼女はもうあんな怪しげな名人はほっといて久谷くんに行けば良いのに。かれは、メガネだし。
PR


『星は歌う(1)』

去年ボクはふと「フルーツバスケット」を一気に購入して、そして感動したわけで。それはもう、全23巻もあるにしろマンガを読んであんなにも感動したのは、初めてだったわけで。そんな高屋奈月の新作を買おうか買うまいかどうしようかと悩んだ結果、結局買ったわけだけどその判断は間違っていなかった。まだはじまったばかりで謎だらけだけど、主要人物たちのもつ暗い部分は「フルーツバスケット」ばりに深そうだなと思う。とくに主人公の薄倖っぷりは本田透ばり。これから一体どんな物語が繰り広げられるのかはとても楽しみ。


『ささめきこと(1)』

一回アライブで読んだことがあって、なんか良さそうだった気がしたし、表紙にメガネさんが載ってたからから購入。ボクが今まで読んできた百合ものっていえば、「乙女ケーキ」しかり「かわいいあなた」しかり「青い花」しかり、どことなく切なさが全体的に漂ってる感じだけど、この作品は切ない感じではあるものの、結構笑いの要素もあったりして、明るい雰囲気。それでも女の子どうしなんておかしいと、結構現実よりな世界観なため、物語としては辛いことが多い。主人公(メガネ)は、とても報われない子で、可哀相なぐらいだけど、これからの展開でどうなっていくのか。
大丈夫なんかなぁ。

のんびりしてたら、これから漫画いっぱい出る。
色々出る。

そんなわけでとりあえず今日は3冊購入。

神様家族Zってほんとだったんだ。
買った。

THE BACK HONEのベストアルバム購入。
長澤知之のP.S.S.O.S.を買ったとき以来。
てかHIPHOPの新譜は全然買ってない。


『タカイ×タカイ』

巻を重ねるごとに西之園萌絵の出番が増えてるのが最高。いいよいいよ。ていうか今巻、事件がどうのこうのより、人間関係やら物語の裏側やらが気になって仕方がない。色々と匂わせすぎ。なんなのさ、どうなのさ、彼女はあの人なのかって読んでて気になるところばかり。各務かい? 各務なのかい? 何か自分の中で段々と事件がどうとかいう興味が薄れてきてるのは、自分でもどうかと思うが、今巻は特にそういうところが気になって仕方がなかった。


『空の境界(下)』

思わず表紙見たときにガッツポーズしたね。やってくれるね。最高ですね。言うことないね。この作品がボクに与えた衝撃は膨大だね。11月に出てからもうラストかと思うと、時の流れは速いね。「忘却録音」「殺人考察(後)」「空の境界」と全部ヤバイね。カッコイイね。パンチラインの連続だね。特に、この物語で最高の名台詞名シーンのあの場面は何度読んでも感動だね。ていうかアレ以上は、ボクはまだ出会ってないね。こんなにもボクを虜にした作品を―― 一生、許さない。
つかの間の休息。

EVISUジーンズ購入。
といっても、実際に手元に来るのは10日後ですけれど。
やったね。
買ったね。

とりあえず、森博嗣の新刊を読む。
それから、積読を減らす。

「星は歌う」を買うか買わないかで、
今後のボクの方向性が決まってくる・・・・・・
なんて事はないけど、ここで買っておかないと、
今後も買わないだろうな。

桜庭一樹先生、直木賞受賞おめでとうございます。
とはいっても、ボクは「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」を読んでいるだけで、
他のはいつか読もう読もうと思ったまま今日に至ったり。
ともかくコレをきっかけに地方の書店にも桜庭一樹先生の単行本やらが多く入荷されると思うので、
今度こそ読もうと思う。
おめでとうございます。


『ハヤテのごとく!(14)』

初登場以来着々と人気をあげているのかどうかは知らないけど、メガネ好きのボクとしては、メガネ分の少ないこのマンガにおける救世主だと思っております。メガネは偉大だぜ。そんな千桜さんが表紙やらカバー折り返しやら本編やらで、ずっと俺のターンとまではいかなくとも、7割ぐらいは彼女のターンといっても過言ではない活躍ぶり。いいねえ。ホント、色々あるけどメガネが素晴らしすぎてどーでもいいや。とりあえず、メガネ最強です←結論。あとは、西沢×ヒナギクで百合っちゃって、マリアさんとハヤテがもっと近づけばなと思った巻でした。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]