忍者ブログ
ADMINWRITE
[85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『すべてがFになる』

あの森博嗣の「すべてがFになる」の漫画版なわけなのだけれども、ボクは絵柄にちょっと戸惑った。全体的に冷たくて、なんか怖い。あの難解な物語を漫画で読んだらどうだろうと思って買ったが、ちょっととっつきにくい。文章でしかわからなかった博士の部屋なんかを絵として見られる辺りは良いが、先生や萌絵などの人物は結構イメージと違っていた(その辺は人によって違うと思う)。物語は一冊に上手くまとまっているが、やっぱり絵柄の好き嫌いで、この話の印象は変わると思う。慣れたら結構原作の雰囲気のまま読めるのだけれど、犀川先生ってこんな人だっけ、萌絵ってこんなにバカっぽかったっけって思うこともしばしば。四季博士の死体も夢に出そうなくらい怖い。普通漫画のほうが、絵があってコンパクトに要点も捕らえていて読みやすいが、コレに限っては小説を読んでから読んだ方がいいと思う。この独特な絵柄のせいで森博嗣の世界を敬遠することが無いことを望みたい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]