忍者ブログ
ADMINWRITE
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [113]  [112]  [111
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『数奇にして模型』

あまりのページ数にビックリのS&Mシリーズの9作目。一気に読んでしまいたいボクには、なかなか時間が取れず、購入してだいぶたってやっと読めました。しかし、いつもどおりの読みやすい文章に、エンターテイメントな部分も増してか、結構すぐに読めた。内容は、模型というジャンルになりかなり濃い物に、そして登場人物も濃かった。しかし、模型に賭ける情熱や信念は素晴らしい物で、特に大御坊のクリエーターとしての心構えは感心させられる物でした。そして事件は今までに無い猟奇的なもの、しかも犯人が異常者という、ボクは推理にもいたらない結果に。グチャグチャだ。今回は、事件よりも人間関係とかそっちの方に目が向いてしまうような。色々と人物相関図が分かったり、犀川先生がいちだんと人間っぽくなったり。にしても、国枝助手はやっぱいい。どんどん良くなっていくよ。そして、次でS&Mシリーズがラストということで、気合を入れていかねば。でも、あれページ数多すぎ、いつになれば読めるのか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]