忍者ブログ
ADMINWRITE
[160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『ExPerience the ill dance music』

北海道といえばTha Blue Herbの印象が強く。正直このMic Jack Productionの方にはあまり注目してなかったのですが、コレの作品を聴いた瞬間、「すみません、ボクがバカでした」と北海道とオーストラリアに向けて土下座してしまうほどの素晴らしさを持っていた。どの曲も青白く燃える炎のような熱さを持っていて熱い。「Emotional Mic」は今作で唯一5分を切る作品ながらMJPの持つ魅力を簡潔に詰め込まれている。そして次の「Jail Bird」でまずやられる。只今服役中のBIG JOEへ送られた曲で、各MCのBIG JOEへのリスペクトが感じられる。さらに次の「The Bright Age...」は聴いた後まさに開いた口がふさがらん状態。戦後日本を彼ら流に斬った一曲、ラスト間際の短いスパンの激しいMICパスは圧倒される。次の「Natural」はまさにill dance musicな曲、彼らの世界観たっぷりのリリックにループミュージックは聴いていて気持ちいい。そして最後に構える「Seven Seas Voyage」は間違いない名曲、所謂クラシック。DJ DOGGの作るピアノ基調で透明感のあるトラックは聴いていて気持ちよく、それに乗るBIG JOE、LARGE IRON、INI、JFK、YURAの各MCのラップが神がかっている。特にYURAは一体どうゆう状態ならあんなに素晴らしいラップが出来るのか疑問に思うぐらい凄い。今作で唯一BIG JOEのラップが聴ける曲でもあり、そしてそのラップがカッコよすぎる。マジで聴いていると涙が出るぐらい直接魂へ届く名作。6曲で2000円はちょっと割高かなと思ってたけど、とんでもない。「Seven Seas Voyage」だけでも2000円出す価値はある。さらに高水準の楽曲がそろってるのだから決して高くはない。是非買うべき。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]