忍者ブログ
ADMINWRITE
[206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『のだめカンタービレ(17)』

新しくなったマルレオケの公演といい、千秋雅之の演奏に聴きに行くのだめだったり、今巻は全体的にギャグの少ない真面目なクラシック漫画。ギャグが少ないから面白くないわけじゃなくて、音楽に没頭するあまりすれ違うのだめと千秋のストーリー自体もシリアスで面白い。そんな真面目な中に出てくるギャグはまた冴え渡っていていいんですけど、ユンロンは危ない。素で危ない。危なっかしすぎてちょっと胃が痛い(?)。相変わらずの面白さ。のだめは千秋はどうなるのさ、先が気になる引きもいいね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ユンロンの老婆餅
■ランチをおごってくれた千秋に、せめてものお礼とユンロンがプレゼントした「老婆餅」(Lesson99)ちなみに、ラオボービン、と読むのですが、私はどうしても「ろうばもち」と言ってしまいます。老婆餅とは、いったいどんなお菓子なんでしょうか?老婆餅は、パイの皮に餡が包まれている素朴なお菓子です。何とかばあさんが作って有名になった餅、と勝手に想像していたんですが、違いました。「老婆」というのは、中国語で「妻」という意味だそうです。このお菓子の由来として、以下のような物語があります。...
URL 2007/08/25(Sat)01:37:24
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]