忍者ブログ
ADMINWRITE
[91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『夏のレプリカ』

時系列としては前作の「幻惑の死と使途」と同じ。前作には奇数章しかないのに比べてこちらは偶数章のみ。といっても別に1,2,3と順番に読まなくてもよく、別々でいい。どちらも読んだ後に、時系列順に読んでみるのもいいと思うが。今作「幻惑…」の方で出てきた簑沢杜萌がメインの話なのですが、正直「幻惑…」の方より面白い。謎が簡単そうで難しく、コレかと思ったものは作中で全部否定される。仮説がアクロバティックに飛んで、飛んで、飛んだ先のまさかの結末。ラストのラストまで気付けない謎と最後真相に気付くまでの過程は、劇的で手が込んでいるなと思える。最後の最後には悲壮な雰囲気を救える展開も。理系な単語が登場するわけでもなく、ただ人が殺されただけという凝ったトリックがあるわけでもないので、読みやすさはこのシリーズでは一番。あまり登場しない西之園萌絵は、その出番の少なさにかかわらず、確実にいいところを持っていく。途中の刑事との会話やラストの犯人との会話、やはり主人公は彼女なんだなと思わせる活躍ぶり。傑作。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]