忍者ブログ
ADMINWRITE
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『空の境界』

TYPE-MOONの奈須きのこが同人時代に書いた小説。本屋さんで見てくれたらわかりますがとにかく分厚い。470ぺ-ジぐらいあるのが上下巻。読み応えばっちりです。あらゆるものの死を見ることが出来る直死の魔眼をもった両義式と探す能力に長けている黒桐幹也の物語。奇妙な登場人物(普通の人が全くといっていいほど登場しない)の持つ信念が複雑に絡み合って起こる事件。その考えが宗教的であったり偏執的であったりで何が良くて、何が悪いのかの境界線が曖昧になってくる。話す内容も難しく、見たことも聞いた事も無いような感じもしばしば。ただ完全にほっとかれるわけではなくて、むしろどんどんと物語に引き込まれていく。物語の展開であったり、会話のカッコよさだったり。なにより一番かっこいいのは式を全く疑わず最後まで信じきった幹也です。彼の生きるうえでのスタンス、孤独だけど周りの人を暖める人柄。人間の完成形のひとつでしょう。式を思う一途さと、あの最後の台詞はかっこよすぎる。そして、最終章の切なさも空の境界を締めくくるのにふさわしい(志人の「ありがとうにさようなら」がとても雰囲気に合っています)。後の世に残る名作だと思います。

TYPE-MONNの作品は月姫、fateとありますが間違いなくボクはこれが一番好き(ゲームと小説のメディアの差もあるけど)。といっても月姫はマンガとアニメしか知らない、原作はオークションで8万近くの値がついているから生きてるうちに出来るかどうか。同じ世界観の上でどの作品も物語が展開していきますが、この空の境界の切なさが他の作品よりも贔屓にさせる原因だと思います。あとどの主人公よりも黒桐幹也がかっこいい。式もどのヒロインよりも好きだ。

アニメ化ってネタ記事もあったみたいですが、絶対2クールでも終らない。やるなら殺人考察になるだろうけど、個人の考え方とかテレビで放送していいようなレベルじゃないし、血は飛び散るし、会話は難しいし、まず無理。ただ動く姿を見てみたい気もする。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]