忍者ブログ
ADMINWRITE
[344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『秒速5センチメートル』

異常なまでの背景の美しさと、繊細で私的な、そして素敵なストーリーは期待通り。短編連作というかたちで、全3話一つ一つに感動。特にラストは、もう画面がみれない。そして主題歌の山崎まさよしがぴったり過ぎる。今までの作品見たくSFではなく、日常を淡々と描く作品。明里と貴樹の心の距離、地理的な距離そして生きる速度の違いから生まれるすれ違い。無理をすれば決して会えない距離じゃないのに、離れ離れのまま大人になり、そして……。もう何故なんだと、何故幸せになれないんだと、切なさに胸を締め付けられるボク。あの踏切で彼女は何故振り向いていなかったのか? と嘆きたいがラストの貴樹の表情を見ると、ああ大丈夫かなと納得してしまうボク。ああ切ない。全3話中特に第1話の出来はとてもよく、だんだんと尻つぼみに、というかリアルに近づいてきてちょっとみていて辛くなる。だって初めは希望があった。それでも映像美や、ラストの台詞なしの主題歌に合った風景の連続で感動。これから「one more time,one more chance」を聴くたびにこの切なさが押し寄せてくるかと思うと――。短編連作という形式なだけに、今までの長編とは違った雰囲気で、多分表現の仕方とかも違うんだろうケド、心理描写をもっとやって欲しかった。そこがちょっと不満足。この作品自体は、とても大好き。でも、こういう別れや、孤独感をもった作品が続いているので、4作目にはもっと違ったバリエーションの作品がみたい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/18)
(07/23)
(08/15)
プロフィール
HN:
といちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 10階3-1 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]